仕事が憂鬱なとき効果があった7つのこと、なかった2つのこと

仕事が憂鬱、、、働いていればそんなときが1度はありますよね。僕も会社員なので、仕事が憂鬱になることがよくあります。特に日曜の夜とか月曜の朝の絶望感ははんぱないです。そんな憂鬱な気持ちをなんとか解消できないかと日々試行錯誤しているのですが、いくつか効果があったものもありますので紹介したいと思います。

※個人的な体験談です

憂鬱な気持ちの解消に効果があった7つのこと


①仕事する

お前何言ってるの?という感じかもしれませんが、仕事が憂鬱なときや仕事にいきたくない、、というときは逆に休みの日やまだ会社に行かなくてもよい時間でも仕事をしてみる、というのが意外に効果的です。

勉強などもめんどくさいなと思いつつ、1分でも勉強をし始めてみると意外に集中してずっとやってしまったことはありませんか?

あれと仕事も同じようなもので、仕事がいやなときに逆に仕事をしてみるとスイッチが入り憂鬱な気分が晴れることは何度もありました。

さらに憂鬱な気分のときはだいたい仕事がうまくいっていないことが根本原因のことが僕は多かったので、自主的に仕事をすることで、その分仕事もうまくいって仕事が楽しくなる、という良いサイクルにすることもできました。

仕事でなくても英語や資格の勉強などでもいい気はします。

②筋トレ&運動する

筋トレについてはこの本を読んで始めてみましたが、めっちゃ効果ありました。

以下本から抜粋

世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。本当です―。尋常じゃない熱量で筋トレ愛を叫び、Twitterフォロワー3万人を突破した怪アカウントがついに書籍化!

メンタルがボロボロ…仕事がうまくいかない…痩せない…モテない…人生のほとんどの悩みは筋トレで解決します!筋トレがもたらす気分高揚効果と成功体験の積み重ねは必ずあなたの人生を変えていきます。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 

これはマジでその通りで、筋トレ&運動すると嘘見たいに気持ちが前向きになってハイになります。

筋トレをすると男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。テストステロンには以下のような効用があります。(正しそうな大東製薬のサイトから抜粋)

テストステロンが精神面に及ぼす影響については様々な文献で解説されていますが、これらをまとめて表現すると、「粗っぽくてデリカシーが無いし、短気で怒りっぽい面もあるけれど、明るく前向きでたくましく、ワイルドでセクシー」な傾向に導くものだそうです。まるで娯楽映画に出て来るヒーローです。

テストステロンの作用・はたらき
https://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm#5.

要するにオラオラになります。オラオラ系のやつって嫌いって人が多いかもしれませんが(少なくとも僕は嫌いです)、憂鬱な気分になっているときはオラつくくらいがちょうど良いです。

筋トレをすると、体も鍛えられるので一石二鳥です。

筋トレする道具とか、ジムに行くお金ないわ!という人はランニングがおすすめです。

それだけでもだいぶ心がすかっとするので。

③憂鬱なことを書き出す

憂鬱に感じていることを紙に書き出してみるのも効果ありです。

紙に書き出したところで悩みがなくなるわけではありませんが、憂鬱な気持ちのときは頭の中でごちゃごちゃ考えすぎて憂鬱な気分が本来の状況以上に膨らんでるときがあります。

そんなときに何が憂鬱なのかを書き出してみると、頭の中が整理されて思っているよりもつらい状況じゃないことに気づいたりします。

僕も仕事でやらなきゃいけないことがたくさんあるときは、「あれもやらなきゃ」「これうまく行かなかったらどうしよう」とかいろいろ考えてしまいものすごく憂鬱な気分になりますが、憂鬱なことを書き出してみると「あれ、意外になんとかなりそう」と感じることがよくありました。

(まあ、根本的な原因が解決されるわけではないですが、、)

人は頭の中で無駄に心配や不安なことを増大させてしまうので、それを書き出して整理してみると心が落ち着きます。

④笑う

笑うと人はなんとなく明るい気持ちになります。

笑うための方法はお笑いDVDでもyoutuberの動画でも自分が好きなものであればなんでもよいと思いますが、僕がおすすめするのはラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(通称サンドリ)です。

サンドリの概要はこんな感じです。JFNのサイトから抜粋

一週間で最も楽しくて、また一週間で最も憂鬱な気分になる日曜日。『はぁ、あっという間の休日だったな・・・』 『また明日から仕事か・・・』とタメ息をつく前に、この番組で笑いましょう!番組のテーマは、ストレス解消性バラエティ!どんな大物にも物怖じしない男、現在『毒舌芸人ナンバー1』の有吉弘行と、色とりどりのアシスタントが生放送でお送りします。この番組でしか聴くことのできない、笑える“毒”で、明日への英気を養いましょう!

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
http://park.gsj.mobi/program/show/27400

日曜の20時〜22時で放送されているのですが、まさに日曜の夜の憂鬱を吹き飛ばすのに最高です。有吉さんのトークが面白いのはもちろんながらゲスなリスナー通称「ゲスナー」から送られてくるネタが面白すぎ。

サンドリは東京では聞けないので、東京で聞く場合はradikoのプレミアム会員(月額324円)で聞く必要がありますが、月額300円払う価値はありすぎです。

ちなみにyoutubeに勝手にアップロードされた音源がめっちゃあるので無料で聞こうと思えば聞けますが、サンドリファンとしては推奨できません。

⑤本を読む

本を読むのも効果的です。ここで重要なのは、「仕事に熱くなれる本」を読むことです。困難を突破し、大きなことを成し遂げた熱い経営者の本などを読むことで「やってやる!!」という気持ちに’若干’なります。

この辺がおすすめの本です。自分も仕事で大きなことを成し遂げたい!という気持ちに1日くらいなります。

・USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)

・USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。

・たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉

ただ、逆に「こんなすごい人がいるのに今の俺って・・」と逆にネガティブになる可能性も秘めている諸刃の剣でもあります。

⑥貯金する

金の力はすごいので、貯金があるだけで心が穏やかになります。これはすぐに実践できることがないので今回の趣旨からは外れるかもしれませんが、貯金を貯めておくと「会社をやめる」最終手段をいつでも行使できる、という安心感により憂鬱な気持ちが少し晴れます。

他人のお金の話は万人が気になることかと思うのではまた他の記事で書いていこうかと思います。

⑦寝る

もうどうしようもないときは寝るのが一番です。翌朝になればいやでも会社に行き、会社にいったら結局なんとかなってしまうのでごちゃごちゃ考えずに寝るのが最強です。

やって意味なかった2つのこと


①めっちゃお酒を飲む

これは僕自身何回もしましたが、ほんとにやめた方がよいです。お酒を飲んでいるときはアルコールの効果により一瞬憂鬱な気分が晴れますが、ほんとに一瞬だけです。翌日の体調は悪い、お金がかかる、太る、、などデメリットの方が多すぎました。

②tinderをする

これもダメです。tinderを知らない、という人はググってください。まあ要するにマッチングアプリですね。僕も狂ったようにtinderを使っていた時期がありましたが、異性とわちゃわちゃしたところで気持ちはまったく晴れません。むしろ、人として廃れているのでは、という気持ちになり憂鬱に拍車がかかります。


仕事が憂鬱で行きなくない、、、というときに僕が実際にやってみたことを紹介してみました。まあ、ただのサラリーマン平社員であれば自分一人が会社や社会に与える影響なんてほぼないので、そう思うと憂鬱になるだけ無駄だな、と最近は思えるようになってきました。