社会人1年目(大手企業&1人暮らし)の僕のリアル貯金額

他人の貯金額とか年収とかってなんでこんなに気になるんですかね?

僕も気になって社会人の貯金額ってだいたいどのくらいなんだろう、、と思いググってみたのですが、平均○○円!みたいな記事は多いのですが、1人1人のリアルな話はあまりないように感じたので、僕の社会人1年目のときの貯金額について書いてみたいと思います。

まずはスペック紹介

貯金額といっても1人暮らしの人と実家暮らしの人では比較対象にならなかったりするので僕のスペック?を紹介しておきます。

  • 大手IT企業(業績は毎年好調)
  • 1人暮らし(東京都在住)
  • 奨学金の返済はなし(お父さんお母さんありがとう)
  • その他借金もなし
  • 車/バイクももってない

という感じです。

社会人1年目(大手企業&1人暮らし)の貯金額!

社会人1年目の貯金額ですが、結論から言うと100万円でした。

1年目で100万円は割といるとは思いますが、1人暮らしの1年目で100万円はまあまあ多いそうな気がしています。null

社会人1年目のときの貯金額の推移

ちなみに1年目と言っているのは4月に入社して、翌年の3月末時点での貯金額になります。

1年間の貯金額の推移はこんな感じ

月に54,000円を目標に毎月貯金していったのでそれくらいずつ積み上がってる感じです。12月に大きく伸びているのはボーナスが入ったからです。ボーナスは、ほぼほぼ貯金に回した感じですね。

社会人になったときには貯金が0円だったのでとりあえず100万円くらい貯めなければ!と思い毎月定額をコツコツ貯めていきました。

1年目のときの年収

僕が1人暮らしのくせに100万円も貯金できたのはそもそもの年収がけっこう高かった、ということもあると思います。

年収も気になるところかと思いますので年収推移とかも別記事で書いていこうかと思いますが、とりあえず1年目は400万円(額面)でした。

1年目に限らず世間的な平均年収が422万円とか言われているので、世の中的にも多い方かと思います。

ちなみに家賃補助とかの福利厚生はないですね。交通費が支給されるくらい。

支出はどのくらいだったか

僕は1人暮らしなので、以下のお金は毎月かかってしまっていました。

  • 家賃(60,000円) ※都内1R
  • 光熱費+NHK受信料(約10,000円)
  • 定期代(約5,000円) ※6ヶ月定期だったので正確には60,000円/半年

毎月の給料から税金が引かれ、貯金分の54,000円は別取っておき、さらに上記の固定費の引いた額で毎月生活していた感じですね。

僕はありがたいことに奨学金の返済がなかったので、もし返済分があったらもっとカツカツの生活になっていたかと思います。

支出についてはすべてマネーフォワードで管理していたので、このあたりも別の記事で詳しく解説していけたらと思います。

まとめ

若いうちは貯金などせずいろんなことに投資して経験値を貯めるべき!みたいな意見もあるかと思いますが、仕事をやめても数ヶ月は生きられるくらいのお金は持ってないと精神衛生上よくないかな、、、と思い僕は1年目から貯金してました。

年収や生活環境の違いによっていろいろかとは思いますが、参考になれば幸いです。